あの日見た不倫の意味を僕たちはまだ知らない

浮気調査してみたところ配偶者が浮気していることが明らかになった時、離婚するか気づかないままにするのかなかなか決められずに困りますよね。まず頭を冷やして、探偵事務所に依頼の電話をかける前に、自分の気持ちを見つめてみたほうがいいです。夫婦はお互いに貞操義務が生じると法律に明記されていますから、当然の権利として慰謝料の支払いを求め、結婚生活の解消をするのも一つの選択肢です。

成功報酬の条件で浮気調査を探偵事務所に依頼したら損することは無いかと言いますとケースバイケースでそうでないこともあります。普通、成功報酬と言えばもし調査が不成功の場合、報酬を払わずに済みますからお願いした側にとって得になるような感じを持ちます。そのため、特に成功報酬の制度を持っている探偵事務所に限定して、求めているような人がいます。

尾行代金が時間によって設定されている場合、探偵の尾行時間が短い方が、費用が少なくなります。ということは、尾行を探偵に頼むなら、相手の日々の行動を調べておくことが重要です。そこで一番おかしな行動をする時間帯や曜日に追跡をお願いすると、探偵のほうも手間が省け、お互いにとってメリットのある依頼になります。

探偵が気づかれないようにしていても、依頼者のちょっとした言動で、パートナーに気づかれてしまって、浮気調査が困難になり、失敗という結果に終わることもあるでしょう。たとえ探偵が浮気調査をしても、確実に証拠が集められると決めつけてはいけません。成功しなかったときの調査にかかった費用についても、契約を交わす際にちゃんと確認しておきましょう。

浮気調査に必要な期間は、普通は1週間以内には終わります。しかしこれはあくまでも平均の期間です。調査の対象者がとても用心深かったりすると、場合によっては1週間から1か月くらいかかってしまうこともあり得ます。それとは逆に、この日は浮気しそうだという日がもう分かっているなら、一日で調査が終わるなんてこともあります。

浮気調査でなにより大事なのは、本当に相手が浮気しているかの調査です。浮気の痕跡が確かでない場合は一度、浮気調査を続けるか決める必要が出てきます。調査により浮気が確定した場合に、次にすべきことは、浮気相手の特定です。パートナーの日々の行動を追跡したり、怪しまれぬよう監視を続け、浮気相手の姿・年齢・氏名などを証拠として押さえるのです。

例え、配偶者が浮気している場合でも離婚を避けたいのなら浮気相手との逢引現場に向かうのは避けましょう。パートナーを裏切ったことがバレた途端に配偶者が浮気を正当化したり、逆上してしまい、夫婦関係が修復不可能になる可能性を否定できません。
ハッピーメール
また、浮気相手と接触してしまうと、ひどくイライラさせられてしまいます。